V7脱毛器はメンズの剛毛におすすめ!ヒゲにも効果ある?VIOのやり方

脱毛器

SNSで話題になっている脱毛器のV7
V7脱毛器は既に80万個販売の実績があって、現在大人気の家庭用脱毛器です

美容皮膚科医も注目しているアイテムで、照射回数が100万回+ハイパワーを実現。

剛毛の男性でもしっかり効果を実感できる脱毛器です

そのV7脱毛器の特徴や使い方などをまとめました。

V7はなんと20日間返金保証!
お試しができます!!

 

実際私が使ってみた口コミ、感想も書きましたので

ぜひ見ていってくださいね

実際私が使ってみた口コミ、感想も書きますので、ぜひ見ていってくださいね

>>>V7脱毛器のキャンペーンサイトを見る 

V7脱毛器

この記事でわかること
  • V7脱毛器の商品の仕様や特徴、メンズの剛毛・ヒゲにおすすめ
  • V7脱毛器の効果的な使い方、使用頻度は?
  • V7脱毛器のVIOのやり方(使い方)
  • 実際に使ってみた!私の口コミ・感想も写真で解説
  • まとめ

あわせて読みたい↓

 

V7脱毛器の商品の仕様や特徴、メンズのヒゲ・剛毛におすすめ

V7脱毛器はメンズの剛毛・ヒゲのために開発された脱毛器!

V7脱毛器のおすすめポイント

  • サロン級のハイパワー!効果抜群
  • 顔やVIOにも使える
  • 照射回数が多く全身脱毛も完了!
  • クーリング機能付きで冷却ジェル不要
  • 難しい操作がなく誰でも使いやすい

細かく見ていきましょう

効果抜群!サロン級のハイパワー

驚きの最高13,5J
3Jでも十分と言われてる脱毛器。
他の有名な脱毛器と比較してみても高めに設計されています。

濃くて太い男性のヒゲ・剛毛・VIOの毛にも効果的です

ハイパワーで照射レベルも10段階で選べるため、痛くありません

照射できる部位は?顔・VIOにも使えます

V7脱毛器は顔・VIOにも使えます
全身に使えるので、全身脱毛をしたい方にはぴったりです

価格が安いと、デリケートなVIO・顔に使えない脱毛器はたくさんあります

照射回数が多い!全身脱毛もOK

V7脱毛器は照射回数が100万回と非常に多いので、全身脱毛を満足するまで自宅で行うことができます。
また、1人分の脱毛だけでは照射回数を使い切れないため、家族や恋人とのシェアも可能です。
ひげやすね毛などの濃くて太い毛にも効果的!

脱毛に時間がかかるVIOにも利用できるため、サロンやクリニックでの照射が恥ずかしい男性にもピッタリです。
照射できる部位はほぼ全身なので、全身脱毛もOKです

クーリング機能付きで冷却ジェル不要

便利なクーリング機能付きです

クーリング機能がついていないと、照射するごとに冷却(保冷剤を肌にあてるなど)をしなくてはなりません。

これは、地味にめんどうです

特に顔やVIOなど凹凸が多く、デリケートゾーンは冷却するのも大変です

後述していますが、V7脱毛器のクーリング機能は本当にすぐに冷え冷えになりまして、使い終わった後は照射面が曇るほど冷えていました。
もちろんクーリング機能のおかげでちっとも痛みも熱さも感じませんでした

どこで買う?価格調査!

価格を調べました

  • 公式キャンペーンサイト:71,520円 分割:2,980円/24回
  • 公式サイト:91,520円
  • 楽天市場:91,520円
  • Amazon:取り扱いなし
  • Yahoo:取り扱いなし

公式キャンペーンサイトでは20,000円も安く売っていました!
しかも、20日間返金保証があります!20日間無料でお試しできますね

13000円分のプレゼントがついてますし、これは公式キャンペーンサイトで買わないと損ですね

→公式キャンペーンサイトを見る

V7脱毛器

カードリッジ式ではないので、追加費用も一切かかりません

買い方についてはこちらの記事もどうぞ↓

 

V7脱毛器の効果的な使い方、使用頻度は?

V7脱毛器は間違った使い方をすると脱毛効果が得られないだけではなく、肌トラブルが起こってしまうこともあります。
正しい使い方や使用頻度を身につけて、安全にスベスベ肌を手に入れましょう。

V7脱毛器の基本的な使い方

V7脱毛器の使い方はシンプルなので、脱毛初心者さんでもすぐに使い慣れることができます。
脱毛器を使う前のお手入れや、使ったあとのアフターケアも忘れずに行いましょう。
後述の私の口コミの方で詳しく写真ものせています

V7脱毛器の基本的な使い方

  1. シェーバーなどで除毛する
  2. 電源入れる
  3. 照射レベルを選ぶ
  4. ボタンを押して照射
  5. アフターケア

くわしく解説していきます

1,シェーバーなどで除毛する

V7脱毛器の効果を最大限発揮するためには、脱毛前のシェービングが必須です。

シェービングをしていない状態だと、効果が薄れてしまうだけではなく、やけどのリスクも高まってしまいます。

シェービングには毛抜きや除毛クリームではなく、電動シェーバーやカミソリを利用しましょう。

2,電源入れる

コンセントをさして、「OFF」表示が出たら電源ボタンを長押しして電源を入れましょう

3,照射レベルを選ぶ

レベル選択ボタン+/-を押してレベルを選択してください
レベルは1~10まで選べます

COOLボタンを押すと冷却も始まりますので、ここで押してください

サングラスなどをして目も保護しましょう

4,ボタンを押して照射

肌に垂直に照射口を当てて照射します
肌に垂直に照射口を当てるとREADYランプ(緑のランプ)が点滅します。点滅したら照射できますので、照射ボタンを押してください

照射ボタンを長押しするとオート照射ができます
カウンターの前に「A」が表示されます
オート照射モードを選択することで、短時間で脱毛を終えることが可能です。

5,アフターケア

脱毛後の肌はとても乾燥しやすい状態です。
乾燥したまま脱毛器の光を当ててしまうと、強い痛みを感じることがあります。
V7脱毛器を使用したあとは必ず化粧水やボディクリームなどで保湿を行いましょう。

V7脱毛器の効果的な使い方・使用頻度

ここからは、V7脱毛器を利用した脱毛の効果をより高めるための方法をご紹介します。

  • 毛周期にあわせて使う
  • 重ねて撃たない
  • 照射レベルは少しづつあげる

毛周期にあわせて使う

公式サイトには「1部位につき週2回くらいを目安に」との表記があります。
また、説明書にも「一度ケアした箇所は、最低2日間は使用しないでください」と表記があります
体毛には脱毛器の光を当てたときに効果が出る時期の毛と、出ない時期の毛があります。
そのため、毎日脱毛器を当てるよりも毛周期にあわせて脱毛器を当てたほうが効果的です。
また毎日同じ箇所に脱毛器の光を当てると、肌に大きな負担がかかってしまいます。
肌に負担をかけないように脱毛するには、少しづつ回数を減らしていく照射がベストです。

  • 1~4週目:2~3回/週
  • 5~8週目:2~1回/週
  • 8週目以降:1回/半月もしくは1ヶ月

重ねて撃たない

一度に同じ箇所へ何度も照射することを重ね打ちと言います。
V7脱毛器は家庭用脱毛器の中でも照射パワーが強いため、重ね打ちをしてしまうと、強い痛みを感じたり、火傷してしまったりすることがあります。
また、赤みや炎症などの肌トラブルの原因にもなるため、肌の負担が大きい重ね打ちは控えてください。

腕や足などは水性ペンでブロッキングするとやりやすいですよ

照射レベルは少しづつあげる

照射レベルを1から始めて徐々に上げていくことで、やけどのリスクを減らしたり、肌トラブルを防いだりする効果があります。
特に皮膚の薄い部分や、毛の濃い部分は痛みを感じやすいため、無理せず低いレベルから照射していきましょう。
脱毛は回数を重ねて毛が薄くなるほど、痛みを感じにくくなります。
また、体調によっても肌にかかる負担や痛みは変わってくるため、無理のない範囲で照射レベルを調節することが大切です。

V7脱毛器のVIOのやり方(使い方)

VIOのやり方(使い方)

基本的には3ステップ

  1. 徐毛する。肌が痛む可能性があるため剃刀より電気シェーバーがおすすめです。
  2. 粘膜は必ず避ける。ほくろも保護シールを貼る。
  3. まずは弱いレベル1から始めて慣れてきたらレベルを上げる(毛は濃いけど皮膚は弱いので注意)

冷却機能が付いていますが、痛みに弱い人はしっかり冷却した方がおすすめです。
皮膚も真っ白ではないので、痛みも感じやすい部分になります

打ち間違えを防ぐためにも連射モードではなく、照射モードがおすすめです。

打ち終わったら保湿もしっかりしましょうね

Vライン

  1. したい形を決めます。
  2. 形に添って除毛、ほくろなどに保護シールを貼る。
  3. 自己処理した部分に照射します。

毛を残すなら、下着(ぴったりしたブリーフ型)をはいたままやるのもおすすめです。

Iライン

  1. 粘膜を避け除毛します。
  2. 黒ずみ、ほくろなどに保護シールを貼る。
  3. 自己処理した部分に照射します。

ヒザを立てて開脚した状態で床に座り、見えやすい角度に鏡を立てて置きます。

置いた鏡でIラインを確認しながらV7脱毛器を照射するとやりやすいです。

粘膜を避けるため下着をうまくずらすのもおすすめです。

Oライン

  1. 粘膜を避け除毛します。
  2. 黒ずみ、ほくろなどに保護シールを貼る。
  3. 自己処理した部分に照射します。

Oラインは自分では見えないので、膝を立てて鏡にまたがって見ながら照射するとよいでしょう。

↑こんな感じです。私からは鏡にちゃんとI、Oラインが見えています

V7脱毛器を実際に使ってみた!私の口コミ・感想も写真で解説

商品の箱はとってもシック!プレゼントにもいいですね
箱の中は2段になっていて上に脱毛器、下にはサングラス・アダプターが入っています

持つとこんな感じです
私は手が小さめですが、扱いやすく、らくらく照射ボタンも押せます
驚いたのが軽さ!軽いので手も疲れませんね

通気口が握る部分にないので、しっかり握れますね。とっても持ちやすいです

アダプターはこんな感じです。

コードは約150cm。コンセント近くまたは延長コードで調節してください

コンセントをさすと表示が光ります

電源ボタンを長押しすると、電源が入ります

カウンターが見やすいですね!

右下の「*」を押すと上に「COOL」が表示され、クーリング機能がオンになります

左下の「+/-」を押すとレベルがあげられます。最初は1からならしてください

照射ボタンを長押しするとカウンター前に「A」が表示されオート機能(連射)がオンになります

肌に密着させるとランプが点滅します

照射ボタンを押すと照射されます
腕や足など広い面はオート機能が便利ですね

光が強めなので、サングラスをかけてくださいね

音がとっても静か!これなら夜でも気にせず使えますね

直感的に使いやすく、使い方も簡単!ボタンも押しやすい!
照射レベルも選べるので自分の肌や痛みに合わせて使えますね

V7脱毛器の私の口コミ・感想

実際使ってみてわかったことは

  • とても軽くて持ちやすい
  • 使い方が簡単!
  • クーリング機能がすごくて、痛くない
  • 音が静か!

照射した部分はしっかり冷えていて痛くありませんでした
よく言われる「ゴムではじいた感じ」ですが、全くなく、熱い感じもしませんでした。
レベルを上げれば違うかもしれませんが、かなりクーリング機能がいい仕事してますね

下あごの部分もしっかり当てやすいんです!
しかも簡単!

ただ、残念だったのは照射口の周りが大きいため、鼻の下には当てにくい感じはしました

照射面積は3,1cm×1,1cmの3,41㎠

強力なのに広めの照射面積なのでらくちんですね

まとめ:V7脱毛器はメンズの剛毛におすすめ!ヒゲにも効果ある?VIOのやり方

家庭用脱毛器のV7は使い続けることで効果を実感することができます。
ジュール数も高く、使いやすさも抜群です

V7脱毛器を使うメリット

  • 全身に使用できて痛みも感じにくい
  • 操作が簡単でレベル調節もできる
  • 冷却などの手間も省ける
  • サロンやクリニックと比べて安い

V7脱毛器を使えば自宅で手軽にスベスベ肌を実現できます。

公式サイトからの購入は、ネット通販や家電量販店からの購入よりもお得で安全です。
さっそく手に入れて脱毛を開始しましょう!

→公式キャンペーンサイトを見る

V7脱毛器

あわせて読みたい↓

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました